フラッシュ脱毛とは

フラッシュ脱毛の種類

フラッシュ脱毛には2種類あり、1つがIPL方式と呼ばれる脱毛方法で、もう1つがSSC方式と呼ばれる方法です。IPLはインテンス・パルス・ライトの略称で、脱毛部位にあてることで毛の再生能力を弱らせる効果を持っています。IPLはメラニン色素に反応する性質を持っているため、ムダ毛だけに反応し効果的に脱毛することが期待できます。SSCはスムース・スキン・コントロールの略称です。ビーンズジェルというジェルを脱毛部位に塗り、クリプトンライトという光線をあてることで脱毛していきます。照射した部位の脱毛が期待できるほか、美肌効果もあるといわれているのがSSC方式です。全身脱毛と美肌を両方実現できる可能性があるものの、SSC方式を取り扱っているサロンは少数しかありません。

レーザー脱毛との違い

光を照射して脱毛するといった点ではレーザー脱毛と同じですが、フラッシュ脱毛とレーザー脱毛には違いがあります。一般的にレーザー脱毛と呼ばれる脱毛方法は、クリニックなど医療機関で行われるものです。医療レーザーと呼ばれることもある脱毛方法は、レーザーを使って毛根に働きかけムダ毛の再生を阻止する形で施術が行われます。原理的にはフラッシュ脱毛と同じですが、サロンで行う脱毛とは照射する光の強さが違います。医療レーザーでは、サロンのフラッシュ脱毛よりも強い光を使用した脱毛が可能です。短期間で大きな脱毛効果が期待できますが、その分痛みや肌のトラブルが発生するリスクもあります。そのためレーザー脱毛ができるのは、医療機関だけと決められているのです。

© Copyright Wanted Hair Remove. All Rights Reserved.